硬毛化を回避して脱毛を成功させよう

脱毛をする上でとても気をつけたい点があります。

それは硬毛化です。

硬毛化というのは、光脱毛や医療脱毛で産毛などの薄いを脱毛する事によって、脱毛する前よりも毛が濃くなってしまう事を言います。

腕組みをする女性の画像

産毛の脱毛は毛が多い沖縄の人に人気です。

産毛は1本だけでみると目立たないですが、毛量があると結構目立ちます。

得に背中や腰に産毛がフサフサ生えている人も少なくないのではないでしょうか。

またヒジ上やヒザ上の毛も薄く硬毛化しやすい場所だと言われています。

ヒジ上やヒザ上は露出する機会も多いですから、濃くなっては大変です。

硬毛化の原因は、脱毛のメカニズムと関係しています。

脱毛の光やレーザーは毛のメラニン色素に反応する事で熱を発生させます。この熱の作用によって毛根にダメージを与える事ができ、脱毛させるという仕組みです。

ところが産毛などの薄い毛はメラニン色素の成分が少なく、うまく熱を発生させられません。微弱な熱によってかえって毛根が活性化してしまい、毛が濃くなってしまう事が硬毛化の原因とされています。

硬毛化してしまうと自然には元に戻りません。毛が無くなるまで脱毛をし続ける必要があり、他の部位よりも脱毛回数がかかってしまいます。

産毛を脱毛する場合は

期限なしの回数無制限コースで契約する
硬毛化保障がされているサロンやクリニックを選ぶ
SHR脱毛で脱毛する

この3つのうちのどれかを選択するようにしましょう。

電球が書かれた黒板

SHR脱毛は硬毛化しない!
SHR脱毛は硬毛化しません。なぜならSHRはメラニン色素を狙った脱毛法ではないからです。SHRが狙っているのは毛の毛包部分。毛を作る器官を狙います。
硬毛化はメラニンをターゲットとする事が原因とされていますから、SHR脱毛は産毛などの脱毛にもピッタリだという事が言えるでしょう。